RECOMMEND

<< アイシールド21 (34) (ジャンプコミックス) | main | 鋼の錬金術師 (8) (ガンガンコミックス) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
鋼の錬金術師 (7) (ガンガンコミックス)
<<前の巻へ>1巻から読む<次の巻へ>>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「ありえない」
なんて事はありえない
イズミのもとで過去の経緯を話し終え、国家錬金術師の査定の為にダブリスを離れるエルリック。
その間、アルフォンスの下には奇妙な手紙が舞い込んでいた。
「おまえの秘密を知っている」
自らの状況を知るため、また一度見たはずの真理の扉の記憶を取り戻すため、誘いに乗るアルフォンス。
その彼を待ち受けていたのは・・・
・・・合成獣って知ってる?
う・・・うそでしょ!?
そんなの成功するはずない・・・!!
かつて、人語を話す合成獣を作り出すため、妻と娘を手に掛けた綴命の錬金術師タッカー。
だが今アルフォンスの前にいるのは、それよりもはるかに高度な、外見が人と変わらない合成獣だった!!

驚くアルフォンス。
そして彼の前に、合成獣の主、グリードが現れた。
その左手には、かつて見た黒服の集団と同じウロボロスの刺青。
そして・・・
人造人間って知ってるだろ?
人工的に造り出された人間
人ならざる人
今 おまえの目の前にいるのがそれだ
ついに明かされる黒服の正体は、今までの錬金術の常識を覆すものだった!!

弟の救出に向かうエルリック。
それに同調するのは、折よく南部を視察に来ていた大総統キング・ブラッドレイ。
エルリックとグリードが話している間、かれは冷徹にも軍を突入させる。

次々と倒れていく合成獣達。
エルリックとの交渉も不調に終わったグリード。
その目の前に、ブラッドレイが現れる!!

最強の盾の異名をとるグリード。
だが
再生も・・・
硬化も間に合わん!!
・・・の野郎オオオオオオ!!!
君に最強の盾があるように
私には最強の眼があるのだよ
眼帯が外れたブラッドレイの左眼の奥、そこには・・・なんと人造人間の証、ウロボロスの刺青が!!


  <CONTENTS>
   第26話 主の元へ
   第27話 ダブリスの獣たち
   第28話 匹夫の勇
   第29話 王の眼
   外伝 戦う少尉さん


エルリック兄弟の過去から、話が現代に戻る巻。
身体を取り戻すべく、あらたなスタートを切ろうとした兄弟の前に、今までの錬金術の常識では説明できない出来事が次々と巻き起こる!
そしてついに正体を明かす人造人間。
そしてさらに・・・大総統が人造人間であるという驚愕の事実!
物語は、ついに隠された真実へと進み始めます。

<<前の巻へ>1巻から読む<次の巻へ>>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

Author | 本棚 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://hon-yomo-yo.jugem.jp/trackback/65
Trackback