RECOMMEND

<< 鋼の錬金術師 (2) (ガンガンコミックス) | main | 鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
鋼の錬金術師 (3) (ガンガンコミックス)
評価:
荒川 弘
スクウェア・エニックス
¥ 420
(2002-09-21)
<<前の巻へ>1巻から読む<次の巻へ>>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

賢者の石の材料は・・・
生きた人間だ!!
マスタングやアームストロングの援護もあって、傷の男の襲撃を辛くも逃れたエルリック兄弟。
しかしアルフォンスの鎧は穴があき、エルリックの右腕の機械鎧も大破してしまっていた。
故郷に戻り、馴染みの技師・ウィンリィに修理してもらうエドワード。
わずかながらも穏やかな時間が訪れたのだった。


機械鎧を修理し、セントラルに着くエルリック兄弟。
目指すは国立中央図書館第一分館。
かつて“賢者の石”の研究に携わっていたドクターマルコーの研究メモを見つけることが目的だった。

高度に暗号化されている研究メモ。
エルリック兄弟が暗号解きに取り掛かってから10日目、突然大声が響きわたる。
ふっ・・・
ざけんな!!
賢者の石の真実に辿りつくエルリック兄弟。
生きた人間を材料にするというその残酷な現実に、元の体を取り戻そうという兄弟の目標も潰えてしまうのだった。
「悪魔の研究」とはよく言ったもんだ


自分達の目標を達成するためには、多くの人の犠牲が必要だと知ってしまった二人。
無気力感に襲われる中で、研究メモを託したマルコーの言葉を思い出すエルリック。
「真実の奥の更なる真実」・・・
そうか・・・まだ何かあるんだ・・・
何か・・・
わずかな希望にすがるため、二人は軍の研究施設への潜入を決意する。


  <CONTENTS>
   第9話 家族の待つ家
   第10話 賢者の石
   第11話 二人の守護者
   第12話 「人間」の定義
   外伝 軍部祭り


錬金術の伝説、賢者の石の秘密が暴かれる第3巻。
それまでの冒険が一旦否定されつつも、次なるより大きな謎へといざなう内容となっています。
幼い主人公の、年齢なりの私生活が垣間見える第9話。
錬金術の核心に一気に迫る第10話。
ジェットコースターのような勢いで物語が進行して行きます。
アニメにもなった外伝「軍部祭り」もお忘れなく!

<<前の巻へ>1巻から読む<次の巻へ>>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

Author | 本棚 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://hon-yomo-yo.jugem.jp/trackback/61
Trackback