RECOMMEND

<< MOON LIGHT MILE (1) (ビッグコミックス) | main | アイシールド21 (4) (ジャンプ・コミックス) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
アイシールド21 (3) (ジャンプ・コミックス)
評価:
稲垣 理一郎,村田 雄介
集英社
¥ 410
(2003-06-04)
<<前の巻へ>1巻から読む<次の巻へ>>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロローグ終了。そして物語は核心へ・・・
うまくいったの始めだけ。

徐々に実力差で点差が離される対王城戦。
それでも決意を胸に立ち向かう主人公セナ。
痛みをこらえ、死力を振り絞り、そして・・・

光速の世界―――

それは史上最強ラインバッカー進が初めて見る、自らの力が及ばない世界。

試合は王城が圧勝したものの、敗北感を植えつけられた進はセナに言い放つ。

全国大会決勝(クリスマスボウル)に行くのは王城だ

それは敗北した主人公セナにとっても、また新たな目標になるのだった。


結局試合に負けてしまった主人公の泥門デビルバッツ。

初めての決意を胸にアメフト部の試合に参加した主人公セナ。
試合後、放課後の教室で、試合の興奮を思い出すと共に初めての敗北を実感し、そして・・・

終わったんだ、もう
たった2週間の・・・夢みたいだった
もしうちが強ければ、まだ大会はずっと続いてて
今だってフィールドに・・・

それは多分、主人公の初めての悔し涙。
じわっとこずにはいられません。

そこに引用される、テキサス大フットボールコーチのダレル・ロイヤルの手紙。

フィールドでプレーする誰もが必ず一度や二度の屈辱を味わわされるだろう
打ちのめされたことがない選手など存在しない
ただ一流の選手は
あらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする
並の選手は、少しばかり立ち上がるのが遅い
そして敗者は、いつまでもグラウンドに横たわったままである

雨の中、泥まみれになりながら一人練習する主人公。
新たな決意がここに


そして新たな仲間、モン太がデビルバッツに参加。

野球部に在籍しキャッチの才能を持ちながらも、総合力がなく悩むモン太。
総合力ではなく専門的な能力が必要となるアメフト。
その狭間で葛藤し挫折を経て、新たな地平をデビルバッツに求めアメフト部に入部。

すいません!
俺、野球選手にはなれませんでした。
でも今は初めて
俺のことチームに欲しいって言ってくれる奴等がいるんス。
俺・・・そっちで頑張りてえ!

モン太を加えたデビルバッツの次なる相手は、不良ばかりの賊学。
頑張れ、デビルバッツ!


勝利、敗北、才能、努力、後悔、挫折、決意。
様々なキャラクターの様々な感情がいかんなく描写されるこの第3巻。

プロローグの終わり、そして次への始まり。
新たなデビルバッツの活躍に期待です!

<<前の巻へ>1巻から読む<次の巻へ>>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

Author | 本棚 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://hon-yomo-yo.jugem.jp/trackback/16
Trackback